04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

名古屋 オーダースーツ 粋 / Bespoke Tailor

副資材を極力省いた軽快感。柔らかなシルエット。色気あるしなやかな仕立て。熟練の職人による丁寧な仕立てと美しい縫製。 ナポリスタイルをモダンにアレンジした見た目・着心地の柔らかなオーダースーツをご提案します。

Bespoke Suit / 仮縫い 

オーダースーツ名古屋 スーツオーダー
名古屋オーダースーツ粋ブログを御覧頂き有難うございます。

お客様拘りのオーダースーツの御紹介。

今回は、オーダースーツの仮縫いを御紹介します。







オーダースーツ名古屋 スーツオーダー
仮縫いとは文字通り、仮に縫ってある状態です。

最初の採寸と補正データを基に型紙を修正し、仕上がってくるのがこの仮縫いです。

この状態で再度ご試着頂き、着心地・デザイン・シルエットなどを確認して頂きます。

この状態になると、お客様自身、仕上がりのイメージも沸きやすくなります。

それ故、より具体的なご要望をお伺いすることが出来ます。


ご職業がプロスポーツ選手でいらっしゃるので、筋肉の付き方が普通の人とは全く違います。

体にあったジャストフィットのスーツをお届けするには仮縫いは重要です。

仮止めの状態の糸を解き、更に細かな調整を行っていきます。







オーダースーツ名古屋 スーツオーダー
折角ですので、スーツの中身がどうなっているのかをご紹介させて頂きます。

これは肩の画像です。

最近は肩パッドなしのスーツやジャケットが多いですよね?

それはそれで良いのですが、スーツの場合、肩に全く副資材を入れないのはどうかと思います。

肩パッドなしが流行っているからという理由だけでそうするのはナンセンスです。

スーツの場合、多少なりとも構築的なショルダーラインを形成した方がセクシーです。







オーダースーツ名古屋 スーツオーダー
とは言え、今のトレンドを考えるとあまり分厚い肩パッドは入れたくありません。

セクシーなショルダーラインを構築しつつも、分厚い肩パッドは使いたくない。

そんな想いから、私どもでは毛芯パッドをお奨めしています。

毛芯なら肩のラインを構築できますし、何より薄いのでナチュラルさが演出できます。


普段は決して見ることのないスーツの内部にこそ、拘りが詰まっています。

反面、見えないからこそ手抜きが出来るところでもあります。

以前もお話しましたが、こういったことが価格の差となって表れます。

良い物には必ず理由があります。






オーダースーツ関連 その他の記事
オーダースーツへの想い
お客様拘りのスーツ
お客様拘りのジャケット
お客様拘りのパンツ



粋 店主 小川 豊ブログ
粋 店主 小川 豊フェイスブック
粋 オンラインショップ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ファッションブログ オーダーメードへ
にほんブログ村
関連記事
2013/10/24 Thu. 20:33 | trackback: -- | comment: -- | edit