11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

名古屋 オーダースーツ 粋 / Bespoke Tailor

副資材を極力省いた軽快感。柔らかなシルエット。色気あるしなやかな仕立て。熟練の職人による丁寧な仕立てと美しい縫製。 ナポリスタイルをモダンにアレンジした見た目・着心地の柔らかなオーダースーツをご提案します。

なぜ、今、モードなオーダーに注目するのか。 

オーダースーツ名古屋 DRAPERS ドラッパーズ
名古屋オーダースーツ粋ブログを御覧頂き有難うございます。

昨日ご紹介いたしましたDRAPERS(ドラッパーズ)のグレンチェックで作成したモードを意識したサンプル。

これを作成したのには、私どものオーダースーツへの強い拘りがあります。

今日は、その思いをお話したいと思います。



「良いモノさえ作っていればお客様にご満足頂ける。」

オーダーの世界では、未だにこういった考えが大半を占めています。

このこと自体は決して間違いではありませんが、「良いモノ」を作るのは必要最低限の条件です。


日本は世界でも類を見ないファッション大国です。

日本の消費者の物を見る目は、飛躍的に向上し、今や欧米にも負けないと思っています。

そんな時代で、「良いモノさえ作っていればお客様にご満足頂ける。」そんな古臭い考えは通用しません。


今、求められているのは高品質に加え、高感度と独自性です。

それなのにオーダー業界の実情は、ファッション性がおざなりになっています。

どれだけ良い生地と縫製でも、カッコ悪ければ全てが台無しです。


ファッションが大好きな私は、それが嫌で嫌でたまりません。

オーダーで高品質で高感度、しかも独自性のあるスタイルを日々追求しています。

その答えが、大人のモードです。


でも、このモードは見た目のインパクトが強い分、品質の良し悪しが瞬時に分かってしまうんです。

チープな作りだと、とことんチープに見えてしまいます。

我々が培ってきた高品質な物作りと、強い拘りを持っている高感度と独自性を

皆様に分かりやすくお伝えできるのが大人のモードだと思っています。


我々のスーツは、例えば袖は一人の職人の手仕事により付けられています。

決して工場のラインに乗せて生産しているのではありません。

クラシックなスーツなら、どこでもある程度は作れるでしょう。

でも、モードになると、ラペル幅をどうするか?ゴージやボタン位置はどうするか?など、

作り手側のセンスが必要になります。

これこそが、我々が目指し、得意とすることです。

作りの良さは勿論、ファッション性にとことん拘ったスーツを皆様にご紹介したいと思います。

関連記事
2013/10/10 Thu. 18:58 | trackback: -- | comment: -- | edit