01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

名古屋 オーダースーツ 粋 / Bespoke Tailor

副資材を極力省いた軽快感。柔らかなシルエット。色気あるしなやかな仕立て。熟練の職人による丁寧な仕立てと美しい縫製。 ナポリスタイルをモダンにアレンジした見た目・着心地の柔らかなオーダースーツをご提案します。

2009春夏 オーダースーツ NEW MODEL 



名古屋オーダースーツ粋ブログを御覧頂き有難うございます。

2009春夏、オーダースーツでNEW MODELがデビューします!!
従来のモデルをベースにしつつ、より時代性を取り入れたモデルです。

では、早速、NEW MODELの特徴を御紹介させて頂きます。



①ラペル(衿幅)の変更
写真・右が、当店のクラシックモデルです。
NEW MODELのコンセプトは、クラシコモーダ。
クラシックな趣を残しながらも、ほのかにモードなテイストを取り入れたいという意向です。

スーツの顔とも言うべきラペル幅の変更は欠かせません。
クラシックモデルより1.3cm細く仕上げて、モダンな香りを取り入れました。




②ゴージ位置を変更
ジャケットの上襟と下襟の縫い合わせ部分をゴージといいます。
このゴージの位置もスーツの表情には、大きな影響を与えます。

最旬のモードブランドは、極細ラペルでゴージ位置が低い傾向にあります。
しかし、それでは大人が着るジャケットとしては、やり過ぎ感が否めません。

今回のNEW MODELでは、ゴージ位置は下に変更をしました。
あくまでも、モードテイスト取り入れる程度なので1cmの変更に留めてあります。

ゴージ位置の変更に伴い、ボタン位置を1cm下げバランスを取りました。



③袖幅の変更
ここまで、衿幅を細く・ゴージを低くし、見た目の印象も随分とシャープになってきました。
全体のイメージを崩さないように、クラシックモデルより1cm細く仕上げました。




④ジャケットの前下がりを変更
ジャケットは、後ろ(バックレングス)よりも、フロント(前丈)の方が長く出来ています。
このフロント(前丈)が短くなると、全体の印象は、驚くほど垢抜けて見えるものです。
クラシックモデルより0.5cm短めの設定です。




⑤パンツのシルエット
パンツのシルエットは、一から見直しをしました。
履く人をスタイル良くみせ、尚且つ履きやすいパンツとは、どんなものかを考えて改良しました。

まず、座った時のもたつきを解消する為、股上は1cm浅くしました。
窮屈感がでないように、後ろ股上は十分にとってあります。

パンツ全体のシルエットは、より、ストーレートになるように変更しました。
渡り幅・ヒザ幅を1cm細く仕上げ、スソ幅は逆に1cm広げてあります。

これで、ヒザから下は真っ直ぐと落ち、美脚効果の得られるシルエットに変更しました。



従来のクラシックモデルと比べ、フィット感に変化は有りません。
ここは、皆様の体型・お好みを考慮して調整をさせて頂きます。

ややモードなテイストを含ませたNEW MODEL。
今シーズントレンドの光沢生地には、相性抜群かと!!
また、クラシックなグレンプレイドなどの生地でお仕立て頂いても、「モダンクラシック」な1着に!!

今シーズンのNEW MODEL、多くのお客様にお気に召して頂けるのではないかと思います。


名古屋オーダースーツ 小川豊ブログはこちら!!
INCOTEXの様々な情報を御紹介しています。「INCOTEXブログ」はこちら!!
関連記事
2009/03/09 Mon. 18:04 | trackback: -- | comment: -- | edit