12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

名古屋 オーダースーツ 粋 / Bespoke Tailor

副資材を極力省いた軽快感。柔らかなシルエット。色気あるしなやかな仕立て。熟練の職人による丁寧な仕立てと美しい縫製。 ナポリスタイルをモダンにアレンジした見た目・着心地の柔らかなオーダースーツをご提案します。

オーダースーツ M様拘りの逸品 [DORMEUIL AMADEUS 365] 

DORMEUIL[ドーメル] AMADEUS365
名古屋オーダースーツ粋ブログを御覧頂き有難うございます。

お客様拘りのオーダースーツの御紹介。
今回は、DORMEUIL AMADEUS 365でお仕立て頂いた
M様のスーツを御紹介します。




DORMEUIL[ドーメル]
AMADEUS 365
DORMEUIL[ドーメル] AMADEUS365</span>
エレガントな光沢が魅力の DORMEUIL AMADEUS 365
流行に左右されないプレステージ服地を用い、
如何にシルエットで今時感を出すかが今回のテーマです。

一番重要視したのはウエストのフィット感を向上させること。
ここが大きいと今時スーツになりませんからね~。

M様は胸の筋肉が発達しているたくましい体型。
胸板が厚いので、ジャストサイズでスーツを着るととってもカッコいいですからね~。
さぁ、早速、補正スタートです!!


体型を考慮した寸法調整
大胸筋が発達していると言うことは、自然と胸を張った状態になります。
やや「反り身」になる訳です。いわゆる、反身体型の部類に入ります。

反身体はジャケットの前身頃が前方に引っ張られます。
それ故、前身頃が浮いた状態なる為、視覚的に寸法が大きく見えます。

ここで、「じゃぁ、ウエストを詰めましょうか!!」とやると、大失敗します。
前に引っ張られる分、背面のウエスト・ヒップ部分のゆとりがなくなっていますから。。。
この状態で更にウエストを詰めようものなら、パツパツになってしまいます。


じゃぁ、どうやってタイトフィットに仕上げたかと言うと・・・・




この場合、前身でウエストを詰めるのがベストです。
そうすると、前身頃の浮きも解消されウエストのフィット感も向上します。




DORMEUIL[ドーメル] AMADEUS365
御覧のように前身頃もスッキリ。
ジャストフィットです。

M様のたくましい体型が一層引き立ちます。
何とも男らしく艶っぽいシルエットです。




DORMEUIL[ドーメル] AMADEUS365
パンツは股上を2cm浅く調整。
ウエストの位置は変えず股上の「もたつき感」を解消したいと、M様が拘られたポイントです。
余分なゆとりもなく、ウエスト廻りがすっきりしました。



M様、いつも有難うございます。
回を重ねる毎に、どんどん進化してきていますね!!
どんどん色んなリクエスト下さいね!!
解決方法を頑張って考えますので。。。



その他、オーダー関連の記事
粋のオーダーとは?我々の拘り・思い
お客様拘りのスーツ
お客様拘りのジャケット
お客様拘りのパンツ



粋 Twitter(フォーローお願いします!!)
名古屋オーダースーツ 小川豊ブログ
小川豊 Twitter(フォローお願いします!!)
粋オンラインショップ


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ファッションブログ セレクトショップへ
にほんブログ村
関連記事
2011/04/10 Sun. 21:38 | trackback: -- | comment: -- | edit