10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

名古屋 オーダースーツ 粋 / Bespoke Tailor

副資材を極力省いた軽快感。柔らかなシルエット。色気あるしなやかな仕立て。熟練の職人による丁寧な仕立てと美しい縫製。 ナポリスタイルをモダンにアレンジした見た目・着心地の柔らかなオーダースーツをご提案します。

オーダースーツ K様拘りの逸品 [ARDIZZONE・アルティゾーネ] 

名古屋オーダースーツ
名古屋オーダースーツ粋ブログを御覧頂き有難うございます。

お客様拘りのオーダースーツの御紹介。
今回は、今年らしい淡~いライトグレーのスーツを御紹介します。


ファッション大好きで洒落者のK様。
今回のこのスーツ、ナント春夏から構想を練り始めて仕上がった渾身の一着なんです。

お選び頂いた生地は、イタリアのARDIZZONE[アルティゾーネ]のウール×カシミアのサキソニーフラノ。
柔らかな風合いとヌメリ感が共存する何とも上品な素材です。


アルティゾーネ?? あまり聞きなれない生地メーカーですよね。
実はココ、なかなかスゴイメーカーなんです。

取引先は超一流メーカーのみに限定。
皆さんがご存知の有名ブランドの既製品は、アルティゾーネ製の生地なんですよ~。
K様がセレクトされたのは、私がイタリア出張の折、同社を訪問し購入してきたモノなんです。

K様は、春夏の時点でこの生地をキープされ、着々と準備を進めてこられたワケです。




名古屋オーダースーツ 
「今まで以上にフィット感を高めつつ、着心地も良くしたい」というのが、K様から頂いたご要望。

御覧の通り、スリムな体型でいらっしゃるのですが、案外、脱ぐと凄いんです。(笑)
筋肉モリモリの二の腕をお持ちなので、タイトフィットにしすぎるとアームホールが窮屈になってしまうんです。

とは言え、無駄にゆとりを入れては、スタイリッシュなシルエットに仕上がりません。
さぁ~、どうしようかな・・・・・、散々悩んだ末、とった方法とは・・・


①アームホールを大きく
 ここの調整は当然必要です。
 アームホールのくりを大きくして、ゆとりを確保しました。


②ダキシワの調整
 アームホールを大きくしたことで、脇の下部分にダキシワが出てしまうと予想。
 腕の運動性を確保する為には、必要なゆとりですが、あまり余りすぎるのも不恰好です。
 後身頃でダキの余りを削りました。


③バスト寸法の調整
 ダキ分量を削った分、バストが小さくなってしまいます。
 削った分量だけバストを前身頃で出してゆとりを確保しました。


④ジャケットのヒップツメ
 タイトフィットとは、ウエストを詰める事ばかりではありません。
 案外重要なのが、ヒップ分量を調整する事。
 
 ウエストを細くしても、ヒップが大きいとAラインのようなシルエットになってしまいます。
 それでは男の色気が醸し出せませんよね?
 そんな訳で、今回の一着にもヒップツメを施しました。





名古屋オーダースーツ
ボタンは色っぽい光を放つシェルをチョイス。
そして、ベルトには、なんとクロコの赤!!
このベルトも、4月に開催した受注回でご注文を頂いたモノなんです。
勿論、秋冬のライトグレーのスーツに合わせる為に!!





名古屋オーダースーツ
裏地にはお茶目なドットをセレクト。
先ほどもお話しましたが、k様は脱ぐと凄いんです。(笑)


タイトフィットとは、一概に寸法を詰めることだけでは有りません。
細かな出し入れを行う事で、着心地を犠牲にすることなく理想のシルエットが手に入ります。


k様、いつも有難うございます。
その後、着心地は如何でしょうか。
ご愛用頂けますことを心より願っております。



その他、オーダー関連の記事
粋のオーダーとは?我々の拘り・思い
お客様拘りのスーツ
お客様拘りのジャケット
お客様拘りのパンツ
オーダー生地のご案内




粋オンラインショップ
名古屋オーダースーツ粋 小川豊ブログ
関連記事
2010/11/21 Sun. 21:52 | trackback: -- | comment: -- | edit