08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

名古屋 オーダースーツ 粋 / Bespoke Tailor

副資材を極力省いた軽快感。柔らかなシルエット。色気あるしなやかな仕立て。熟練の職人による丁寧な仕立てと美しい縫製。 ナポリスタイルをモダンにアレンジした見た目・着心地の柔らかなオーダースーツをご提案します。

オーダージャケット  S様拘りの逸品<SCHOFIELD&SMITH> 

名古屋オーダースーツ SCHOFIELD&SMITH スコフィールド&スミス

名古屋オーダースーツ粋ブログを御覧頂き有難うございます。

お客様拘りのオーダーアイテムの御紹介。
今回はS様のグレンチェックジャケットです。

グレンチェックと言えば昔からある伝統柄。
ファッショニスタとして名高いイギリスのウィンザー公が愛用していたことでも有名です。
スポーティーながらも英国特有の気品が漂う反面、どこか堅い印象を感じてしまうものです・・・・。

S様の一着は伝統柄を用いながらも都会的で洗練された印象。
では、どのようにクラシックとモダンの融合を図ったのか。
その秘密を早速ひも解いていきましょう。




2010春夏 S様オリジナルジャケット
SCHOFIELD&SMITH
名古屋オーダースーツ SCHOFIELD&SMITH スコフィールド&スミス

名古屋オーダースーツ SCHOFIELD&SMITH スコフィールド&スミス
S様のジャケットを拝見し、目を奪われたのが上品な光沢です。
この艶、画像でもハッキリとお分かり頂けるのではないでしょうか?




生地セレクト
名古屋オーダースーツ SCHOFIELD&SMITH スコフィールド&スミス
グレンチェック特有の気品を残し、かつ都会的な印象に仕上げる為には生地セレクトが重要です。

S様のセレクトは、SCHOFIELD&SMITHLIGTH WEIGHT SILK JACKETING
(super120`sウール45%×シルク55%)

伝統柄もシルクの光沢を加えることでグッと洗練されてきます。
また、シルク特有のアクの強さが伝統柄で和らげられています。

なるほど!!
これなら柄の持つ気品と都会的な印象とが見事に融合しています。
S様ならでは、玄人目線の奥深い生地セレクトです。




ラペル幅の変更
名古屋オーダースーツ SCHOFIELD&SMITH スコフィールド&スミス
モダンな香りを注入する為には、ジャケットの顔であるラペル幅も細みに仕上げたいところ。
S様オリジナルのジャケットでは、毎回欠かす事が出来ない調整箇所です。
やりすぎてはモードになってしまうゆえ、十分な注意が必要です。




袖幅の変更
名古屋オーダースーツ SCHOFIELD&SMITH スコフィールド&スミス
袖幅でジャケットの印象は激変するんです!!
太い袖では都会的で洗練された印象は醸し出せません。

フィット感を高める時、ウエスト寸にばかり意識が集中しがちですよね。
でも、あまり細くし過ぎると苦しくて動けなくなってしまいます。
ほっそり袖で、シャープさを演出する方法もあると言う事を、是非、覚えておいて下さい。

S様は、腕の運動性を十分に考慮された末、袖口のみを細く調整されています。
他にも着丈を短く見せる為、前身頃の下がりを調整したりと、細部にまでS様の拘りが詰まっています。


それぞれの箇所は僅か数ミリ単位の調整です。
理想のスタイルを形成する為、各調整をどうやって組み合わせていくのかがとっても重要なんです。
理想の走りを追求する車のチューニングに似た感覚ですね。




名古屋オーダースーツ SCHOFIELD&SMITH スコフィールド&スミス
いやぁ~、この裏地セレクトには参りました!!
ここでイエローとは流石です!!


強い拘りを詰め込んだ末に完成したこの一着。
イタリアの高級ブランドをも遥かに凌駕する完成度の高さです。

イタリア・イタリアっていつまでも言ってないで、日本人も独自のスタイルを確立して行こうよ!!
S様のジャケットからは、そんなメッセージが聞こえてきそうです。


S様、その後、ジャケットはご活用頂けてございますでしょうか。
永期に渡りご愛用頂けますことを心より願っております。
また、ブログ掲載に、いつもながら御理解・ご協力を頂戴致しまして厚くお礼申し上げます。




オープン6周年感謝セール開催中!!
PT01INCOTEXINCOTEX CINQUETASCHE特別価格でご案内!!
詳細は粋オンラインショップを御覧下さいませ。
関連記事
2010/05/01 Sat. 01:49 | trackback: -- | comment: -- | edit