09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

名古屋 オーダースーツ 粋 / Bespoke Tailor

副資材を極力省いた軽快感。柔らかなシルエット。色気あるしなやかな仕立て。熟練の職人による丁寧な仕立てと美しい縫製。 ナポリスタイルをモダンにアレンジした見た目・着心地の柔らかなオーダースーツをご提案します。

スーツの着こなし / コーディネートの基本ルール 

オーダースーツ 名古屋 Caccioppoli(カチョッポリ)
今回はスーツのコーディネートについてお話させて頂きます。

ご質問を頂くことが多いので、僕なりのコツみたいなものをお伝えします。

例えば、写真のチェックのスーツの場合。

組み合わせが難しいように感じるかもしれませんが、

ポイントさえ押さえれば、周囲とはひと味違うお洒落なコーディネートが楽しめます。





①色使いを統一する

スーツはブラウンベースにブルーのオーバーペーンが入っていますので、

この2色をシャツとタイで拾って、全体の色使いを統一します。



②柄の大きさを変える

柄の組み合わせの基本は2通りあります。


A スーツの柄が大きくない場合(無地も含む)

シャツとタイは、ストロングパターン(柄が強いモノ)を選ぶと、立体的なVゾーンになります。


B スーツが大柄の場合

シャツとタイは、柄の強いものは控え、無地や細かいストライプやチェックでシンプルに。


このチェックスーツの場合、そんなに大柄ではないので、

Aの方法を用いてコーディネートを作るとキレイに纏まります。

ストロングパターン(大柄)のシャツとタイを組み合わせると、立体的なVゾーンになり、躍動感が出ます。

「色使いを統一して、柄の大きさを変える。」

この2つを意識しながら日々のコーディネートを考えて頂くと良いと思いますよ!

ちょっとしたことですが、ご参考になれば幸いです。<(_ _)>



Bespoke Suit (オーダースーツ) : fabric by Caccioppoli (カチョッポリ) Dapper Dandy

Shirt : LUIGI BORRELLI (ルイジボレッリ)

Tie : FRANCO BASSI (フランコバッシ)

Chief : MUNGAI(ムンガイ)


Caccioppoli (カチョッポリ) Dapper Dandy (全55色柄展開)

ナポリのカチョッポリがプロデュースした英国製の生地です。

伝統的な英国生地にイタリア人の色彩感覚を取り入れてモダンに表現されたコレクションで、

英国製ながら色柄の発色がキレイで、硬すぎず重すぎない質感に仕上がっています。




Store Hours : 11:00~19:00
予約は必須ではありませんが、ご予約のお客様優先とさせて頂きます。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ファッションブログ オーダーメードへ
関連記事
2018/10/06 Sat. 18:39 | trackback: -- | comment: -- | edit