10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

粋 / Bespoke Tailor 

粋のスーツは、 四角四面の堅苦しいテーラーのスーツとは違います。僕たちはスタイルを売っています。選び抜いてお作り頂いたアイテムたちに、 さらなる魅力を与えるスタイリングをご提案致します。

オーダースーツの種類 

ビスポークスーツ
オーダースーツと言っても、様々な形態があります。

ビスポーク、イージーオーダー、パターンオーダー、サイズオーダーなどなど、その呼び方もたくさんあります。

一体、何が違うのか?これって、案外、分かり難いと思うんです。

オーダーは、フルオーダー、イージーオーダー、パターンオーダーの3種類に大別できると考えています。

他の呼び方は、この何れかのカテゴリーに属しています。

では、それぞれの特徴をお話させて頂きます。


①フルオーダー

お客様の体型に合わせて、一から型紙を引き、ハンドメイドで作られます。

サイズ、デザインに制限はなく、どんなモノでも作ることが出来ます。

フルオーダーの場合は、仮縫いの後、更に中縫いという工程を経て、本縫いに取り掛かります。

オーダーの最高峰に位置します。


②パターンオーダー

ファクトリー生産によるオーダーシステムで、基本型紙を投入し、それを元に作られたサイズゲージを試着します。

着丈・袖丈などの縦寸法の調整、バスト・ウエストなどの横寸法の調整、お客様に合わせた体型補正を施します。

簡易的なオーダーのように思われがちですが、実際は奥が深いオーダーです。

ディテール、数値設定などにはセンスが問われますし、体型補正には知識が必要です。

然るべき知識と技術を持ちあわせたフィッターであれば、ビスポークに勝るとも劣らない仕上がりに導いてくれます。


➂イージーオーダー

基本型紙を元に作られたサイズゲージを試着して採寸を行います。

基本的には縦寸法しか触れない場合が多いと思います。(着丈・袖丈・股下)

あとは、ジャケット・パンツのウエスト出し詰めが出来る。そんな感じです。

基本的に体型補正は入れられません。

既製品の延長線上で、着丈・袖丈・パンツの股下が自分のサイズに仕上がるといった感覚です。

リーズナブルなオーダースーツの場合、ほとんどがこのシステムです。


とても大まかですが、以上がそれぞれの違いです。

それぞれにメリット・デメリットがあります。

ですので、どれが良くてどれが悪いということではありません。

何を求めるかによって、選択するカテゴリーが変わってくるということだと思います。





iki web site

Bespoke 関連記事
Bespoke Suit
Bespoke jacket
Bespoke Trousers
Bespoke Shirt


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ファッションブログ オーダーメードへ
関連記事
2017/01/18 Wed. 20:11 | trackback: -- | comment: -- | edit