08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

粋 / Bespoke Tailor 

粋のスーツは、 四角四面の堅苦しいテーラーのスーツとは違います。僕たちはスタイルを売っています。選び抜いてお作り頂いたアイテムたちに、 さらなる魅力を与えるスタイリングをご提案致します。

僕たちは本物に拘りたい! 

オーダースーツ DRAPERS
今日は、僕たちのようなオーダーショップの役割を考えてみたいと思います。

デザイナーとは一般的にはスタイル画を描く人達のことを言うのかもしれませんが、

大枠の形が決まっているメンズクロージングでは、直接お客様と接するショップの人間がその役割を果たします。

例えば、採寸ひとつにもセンスが問われます。

ボディサイズをただ計測するだけでは、全く意味がありません。

イマドキのシルエットに仕上げるべく、寸法に対し、どんな味付けをするのか。

この段階でも、デザイン力が問われます。


そして、工場への指示。

お客様の要望と時流のデザインを摺合わせ、型紙のどこを触れば良いかを的確に伝えなくてはいけません。

この作業には、デザイン力だけでなく、専門知識も問われます。

どれだけ縫製技術に優れた人が縫っても、前述のような準備段階での指示が間違っていたら良い服にはなりません。

それだけに、僕たちの役割は重い責任のある仕事です。


オーダーの使命は、お客様の体をよく観察して着心地の良い服を作ることだと思います。

形やデザインをよくすることは言うまでもありませんが、それだけに捉われて着心地を犠牲にしてはいけません。

そして、その逆もまた然りです。

着心地も良く、形やデザインも良くというのが、オーダーの目指すべき姿です。

それを実現するには、デザイン力と専門知識は不可欠です。


気軽にオーダーを楽しめるようになってきた昨今、それはそれで良いことだと思いますが、

本来、プロとしての知識や技術がなおざりになっているような気がします。

僕たちは、変わらず、本物を追求していきたいと思います。

そして、その考えにご賛同頂き、ご理解下さる方へ最高の洋服をお届けしたいと思います。

と、長々と語ってしまいましたね・・・ごめんなさい。。。汗

今日はそんな気分でした。笑





iki web site

Bespoke 関連記事
Bespoke Suit
Bespoke jacket
Bespoke Trousers
Bespoke Shirt


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ファッションブログ オーダーメードへ
関連記事
2016/06/30 Thu. 19:51 | trackback: -- | comment: -- | edit