08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

粋 / Bespoke Tailor 

粋のスーツは、 四角四面の堅苦しいテーラーのスーツとは違います。僕たちはスタイルを売っています。選び抜いてお作り頂いたアイテムたちに、 さらなる魅力を与えるスタイリングをご提案致します。

シャツの雑学 謎と不思議➂ 「汚れ隠し」と言われた色柄物 

LUIGI BORRELLI シャツ
白いシャツがステイタスの象徴として重んじられる一方、19世紀末にはストライプシャツが出現しました。

でも、すぐには普及せず、身頃はストライプで、衿とカフスに白を配したシャツが1920年頃に欧米で流行します。

日本では、「クレリックシャツ」と呼ばれているもので、今ではお洒落なシャツとして親しまれていますが、

その根源を辿ると、白への拘りが強いことを証明する存在でもあります。


ある文献には、次のようなことが書かれています。

「ストライプのシャツがビジネススーツに取り入れられるまでは、かなりの道のりがあった。

柄物のドレスシャツを着ると、あまり清潔ではないことを隠す為でなはいか?と疑われるのが常だった。

その解決策として、色柄のドレスシャツに白い衿と袖口が付けられるようになった。」


というように、汚れやすい衿と袖口にあえて白を使うことがステイタスの誇示であり、清潔さの象徴でした。

白の絶対的な地位の高さが窺い知れるエピソードです。


その後、1930年頃には、カラーシャツが登場。

様々な色物が愛用されるようになりますが、その都度、白への回帰があり、シャツの基本色になっているみたいです。

                                                         手元の文献より抜粋





iki web site

Bespoke 関連記事
Bespoke Suit
Bespoke jacket
Bespoke Trousers
Bespoke Shirt


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ファッションブログ オーダーメードへ
関連記事
2016/05/26 Thu. 19:03 | trackback: -- | comment: -- | edit