08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

名古屋 オーダースーツ 粋 / Bespoke Tailor

副資材を極力省いた軽快感。柔らかなシルエット。色気あるしなやかな仕立て。熟練の職人による丁寧な仕立てと美しい縫製。 ナポリスタイルをモダンにアレンジした見た目・着心地の柔らかなオーダースーツをご提案します。

拘りのモノ作りの裏側を御紹介します / 衿入れ&見返し据え&中間プレス 

オーダースーツ名古屋 ビスポークスーツ
名古屋オーダースーツ粋ブログを御覧頂き有難うございます。

今日は、衿入れと見返し据えの様子を御紹介させて頂きます。

こちらは、衿入れの作業の様子です。

このアクリル板には、衿型が書いてあります。

規定値内の基本的な衿は、これを元に作っていきます。

極端に細いラペルや太いラペル、衿の鎌カーブを変更したり、特殊なデザインの場合はこの限りではありません。

その場合は、一つひとつ型紙を作成して対応しています。







オーダースーツ名古屋 ビスポークスーツ
こちらは、見返し据えを終えた状態です。

見返しとは、スーツの前身頃の内側(裏側)のこと。

芯据えされた前身頃と見返しを糸で躾ける工程を見返し据えと言います。

綺麗なラペルのロールを形作る非常に重要な作業です。

より滑らかで理想的なロールが出るよう、素材によって微妙にゆとり寸法を変えて据えつけていきます。







オーダースーツ名古屋 ビスポークスーツ

オーダースーツ名古屋 ビスポークスーツ
見返し据えが終わったら、中間プレスです。

これで、芯と見返しと身頃を一体化させます。


少しずつ、スーツの形になってきました。

続きは次回、お話させて頂きます。






オーダースーツ関連 その他の記事
オーダースーツへの想い
お客様拘りのスーツ
お客様拘りのジャケット
お客様拘りのパンツ


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ファッションブログ オーダーメードへ
関連記事
2015/07/19 Sun. 18:12 | trackback: -- | comment: -- | edit