10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

名古屋 オーダースーツ 粋 / Bespoke Tailor

副資材を極力省いた軽快感。柔らかなシルエット。色気あるしなやかな仕立て。熟練の職人による丁寧な仕立てと美しい縫製。 ナポリスタイルをモダンにアレンジした見た目・着心地の柔らかなオーダースーツをご提案します。

仮縫いの役割と重要性 

オーダースーツ名古屋
名古屋オーダースーツ粋ブログを御覧頂き有難うございます。

スーツに白い糸が無数散らばっているのがお分かり頂けますか?

これは、「仮縫い」という工程です。

仮縫いとは、文字通り、仮に縫ってあるということです。

お客様にお選び頂いた生地を裁断し、仮に縫い合わせて着心地やシルエットなどを確認して頂く重要な工程です。







オーダースーツ名古屋
仮縫いの段階では、生地の縫い代を多めに残してあります。

小さな生地サンプルだと、なかなか仕上がりのイメージが湧きにくいものですよね?

仮縫いで仕上がりイメージが分るので、やっぱり襟の形を変えたいとか、デザインを変更するなんてことも可能です。







オーダースーツ名古屋
今日、仮縫いフィッティングをして頂いたY様のスーツ。

広めのラペル・ナチュラルなショルダーライン・肩パッドなしのシャツ袖など、ナポリのスーツをイメージ。

胸の芯地も薄くして軽い着心地にしたいというリクエストを頂いています。







オーダースーツ名古屋
本日仮縫いフィッティングを頂いたM様のジャケット。

シングルピークのワイドラペルというモードなディテールをお選び頂いています。

ワイドラペルの場合、襟の雰囲気が重要なので仮縫いで細かくチェックして頂きます。



仮縫いをすることで、1着目からご自身のイメージ通りに仕上げることが出来ます。

着心地やシルエット、デザインなどを実際に試着して確認できるということは、大きなアドバンテージです。

仮縫いは、別途費用が発生しますし、完成までの時間も掛かります。

最初は少し手間かもしれませんが、一度型紙が出来てしまえば、2着目からは生地とデザインを決めるだけです。

仮縫い付きのオーダーという選択肢も、覚えておいて頂くと良いと思います。






オーダースーツ関連 その他の記事
オーダースーツへの想い
お客様拘りのスーツ
お客様拘りのジャケット
お客様拘りのパンツ



粋 店主 小川 豊ブログ
粋 店主 小川 豊フェイスブック

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ファッションブログ オーダーメードへ
にほんブログ村
関連記事
2014/10/05 Sun. 20:17 | trackback: -- | comment: -- | edit