04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

粋 / Bespoke Tailor 

粋のスーツは、 四角四面の堅苦しいテーラーのスーツとは違います。僕たちはスタイルを売っています。選び抜いてお作り頂いたアイテムたちに、 さらなる魅力を与えるスタイリングをご提案致します。

シューケア情報 [靴ブラシのお話] 

オーダーシューズ
名古屋オーダースーツ粋ブログを御覧頂き有難うございます。

シューケア情報、靴ブラシのお話。
靴ブラシも、ちゃんと用途別になっているのをご存知ですか??




シューケア情報
靴ブラシのお話

今回は、シューケアの道具としてなくてはならない「靴ブラシ」について御説明させて頂きます。
粋では、靴ブラシの毛は腰がある少し硬めの物をお勧めしています。


よくこんな疑問の声が聞かれます。
・柔らかい毛の方が靴が痛まないのでは??
・シューケアの際、ブラシは使った方が良いの??
・どのタイミングで使うの??


どんな時にブラシを使うのか使用順で示しますと・・・・
① 泥・埃を払い落とす→硬い毛のブラシ
② クリームを伸ばしたり、馴染ませたりする→硬い毛のブラシ



では、それぞれの手順でどのブラシを使うのが理想なのか?




① 泥・埃を払い落とす時には
プロホースブラシ


素材は天然の硬い馬毛を使用。このブラシの特徴は毛が密集している事です。
靴の表面やコバの埃を取るには、隙間の多いブラシでは埃が残ってしまいます。
そして、柔らかい毛ではコバやメダリオン内に毛先が行き通る事は困難です。




② クリームを伸ばしたり馴染ませたりする時には 
プロホワイトブラシ


素材は化繊の少し硬めの白毛を使用。
クリームを満遍なく全体に浸透させるには、毛の「しなり」重要です。
そして、毛をしならせるには、しなるだけの隙間がいる訳です。

化繊の硬い毛は「しなり」も良く、隙間を空けて配されている為、
クリームをムラなく伸ばす事が出来ます。


クリームを伸ばすブラシは、黒色用・茶色用など大まかに色分けしておくと便利ですよ。
だんだん白毛がクリームの色に染まっていくので、何色用のブラシなのかが一目で分かりますから。


以上が、大まかな靴ブラシの役割と特徴です。
靴が痛むからブラシを使わないとか、柔らかい毛の方が良いという話も頻繁に耳にしますが、
剛毛で痛む革はシープスキンやソフトなヌメ革のような特殊な物を除けば、まずありません。

是非、靴ブラシを使いこなして、透明感のある美しいツヤを演出してみて下さい!!





粋 facebookファンページはコチラです!!


オーダー関連 その他の記事
お客様拘りのスーツ
お客様拘りのジャケット
お客様拘りのパンツ



粋 Twitter(フォーローお願いします!!)
名古屋オーダースーツ 小川豊ブログ
小川豊 Twitter(フォローお願いします!!)
粋オンラインショップ


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ファッションブログ セレクトショップへ
にほんブログ村
2011/08/10 Wed. 19:50 | trackback: -- | comment: -- | edit

シューケア情報 [クリーナーのお話] 

オーダーシューズ
名古屋オーダースーツ粋ブログを御覧頂き有難うございます。

シューケア情報、今回は汚れ落とし「クリーナー」のお話。
基本中の基本ですが、案外、間違った情報が飛び交っているんです。




シューケア情報
クリーナーのお話

クリーナー(靴用汚れ落とし)は、チューブ・液状・ムースなど様々なタイプが存在します。
その中から今回は、「M.モゥヴレィ・ステインリムーバー」についてお話をしたいと思います。


日本で靴クリーナーといえば、中性クリーナーというチューブ入りでクリーム状のものが主流です。
「汚れを落としながら光沢を与え、一石二鳥で便利!!」という謳い文句ですが、
実際はどうなのでしょうか。


靴の汚れは、表面に付着している汚れや古いクリーム、ロウ分を含めた全てです。
クリーナーの役割は、表面の汚れと古いクリームを除去して通気性を保つことです。
つまり、ツヤを出すのではなく、古いロウ分を取り除くことが目的です。



クリーム状の中性クリーナー
その多くが光沢を出す為のロウ分を配合しています。

「中性クリーナー」→「靴クリーム」の順で仕上げをするということは、
靴クリームを2回塗るのと同じようなもの
度塗りなので通気性が大切な革靴にとっては、あまり好ましくないことです。



M.モゥヴレイ・ステインリムーバー
軟水(ソフトウォーター)がベースの洗浄剤で皮革に優しい汚れ落とし。

あまりの汚れ落ちの良さから使用後の布にクリームの色が付きます。
しかし、革の染色そのものが落ちている訳ではなく表面の古いクリームが落ちている証拠です。

お化粧をしている女性がクレンジングでメイクを落とすのと同様に、
革もクリームを塗りっぱなしでは通気性が悪くなり表面が荒れてきます。
靴にダメージを与えず、古いクリーム・汗などを落とすことがとっても大切なんです。


表面の汚れを落としながら古いクリームを取り除き、通気性を維持。
さらに靴クリームの浸透性を高めるので、本当の意味で靴がさっぱりときれいになります。
皮革がしっとりと、より美しく仕上がる意味がお解り頂けるはずです。・・・


クリーナーひとつとっても、様々な情報が飛び交っています。
是非、大切な靴を正しいシューケアで労わってあげて下さい。



★緊急告知★ PT01 & INCOTEX がお買い得!!
粋オンラインショップはコチラ




オーダー関連 その他の記事
お客様拘りのスーツ
お客様拘りのジャケット
お客様拘りのパンツ



粋 Twitter(フォーローお願いします!!)
名古屋オーダースーツ 小川豊ブログ
小川豊 Twitter(フォローお願いします!!)
粋オンラインショップ


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ファッションブログ セレクトショップへ
にほんブログ村
2011/06/11 Sat. 21:13 | trackback: -- | comment: -- | edit

シューケア情報 [雨の日に履く靴のお話] 

オーダーシューズ
名古屋オーダースーツ粋ブログを御覧頂き有難うございます。

シューケア情報、今回は雨の日に履く靴のお話。
雨の日って、靴が困りますよね??
そんな皆様のお悩み、解決します!!




シューケア情報
雨の日に履く靴のお話

南から徐々に梅雨入りし、今年もうっとうしい雨の季節が間近に迫ってきました。
靴が濡れるということは大変イヤなものです。
今回は「雨の日に履く靴」=「雨に強い靴」のお話をさせて頂きます。


雨の日に履く靴で一番イメージが湧くのがゴム長靴です。
でも、これでは格好悪すぎて、日常使いが出来ません。

では、デイリーユースできる雨の日におすすめの靴とは・・・?
それは、スエード素材の靴です。

何故かスエードは雨に弱いイメージが定着してしまっていますので、
意外に思われるかもしれませんが・・・・。



スエードが雨に強い理由とは?
最大の秘密は「毛」にあります。
スエードは革全体に毛が密集している為、一本一本の毛が雨の進入を守ってくれます。

人間に例えるなら、毛髪があれば雨の中ある程度の時間、傘をささずに歩いても
雨は頭皮までは到達しません。そんなイメージでしょうか。

但し、スエードが雨に強い理由には、防水スプレーの存在は欠かすことが出来ません。
中でも「WOLY スエードカラースプレー」は、高い防水効果があるスプレーとして知られています。
東急ハンズなどでも品揃えされていますので、お手軽に入手して頂く事ができるかと思います。



防水スプレーを使用したケア方法
日頃のケアは簡単です。ただ、靴全体にスプレーをするだけ。
スプレー前に、毛の流れとは逆方向にブラッシングをし、中のホコリを取り除きます。
スプレー後は、毛の流れを整えるよう、軽くブラッシングしておきます。

日頃ケアしてあるスエードには、油分と潤いが皮革にたっぷりと入り込んでいる上、
毛の部分はフッソ加工で強力な撥水力が与えられています。

一見、雨に弱そうなスエード靴を、スプレーとブラッシングの簡単ケアだけで、
雨に強い靴に変身させられます。



オーダー関連 その他の記事
お客様拘りのスーツ
お客様拘りのジャケット
お客様拘りのパンツ



粋 Twitter(フォーローお願いします!!)
名古屋オーダースーツ 小川豊ブログ
小川豊 Twitter(フォローお願いします!!)
粋オンラインショップ


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ファッションブログ セレクトショップへ
にほんブログ村
2011/05/27 Fri. 20:46 | trackback: -- | comment: -- | edit

シューケア情報 [靴クリームのお話] 

オーダーシューズ
名古屋オーダースーツ粋ブログを御覧頂き有難うございます。

今日から新企画の「シューケア情報」をお届けしたいと思います。

日本の靴文化の歴史は浅く、特にシューケア(靴のお手入れ)に関する情報や知識は、
一般的には、あまり知られていないのが現状です。

その為、簡易性ばかりが強調され「塗るだけでツヤが出る」・「スプレーするだけでOK」といった
インスタントな商品が基本アイテムかのような、おかしな風潮がまん延しています。

靴は暮らしに欠かす事のできないもので、毎日履くものだから大切にしたいものです。
おしゃれは「足元」から始まります。せっかくのセンスの良いファッションも靴が汚くては台無しです。
是非、正しいシューケアで、小粋でさりげないおしゃれを演出して下さい。




シューケア情報
靴クリームのお話
「ビン入りの物と缶入りの靴クリームでは、どちらが良いの?」
お客様からよくこんな質問を頂きます。

今回は靴クリームの中で、最もポピュラーな「乳化性(ビン入り)クリーム・油性(缶入り)クリーム」
について説明させて頂きます。


昔、英国ではバッグ保護の為に「ロウ」を塗っていたと言います。
しかし、「ロウ」は水をはじくが革が硬くなり、ひび割れが生じる。
そこで、次は革の保護の為に「油」を加えた。
これが「油性クリーム」の始まりと言われています。


そうだ!!革には水分が必要なんだ・・・ということに気がつき、
油性クリームに「水」を加えることを考えた。
こうして「乳化性クリーム」が誕生したというわけです



乳化性クリーム
成分は「油」・「水」・「ロウ」。
「水と油は混じらないのでは?」その通りです。しかし、混じった状態を作り出すのは容易です。

家庭でよく使うドレッシング。油は上に分離しています。
ガシャガシャ振れば、油は水に混じりますが振るのを止めるとすぐに元に戻ります。

ここで「乳化剤」(台所洗剤の成分)を加えて振ってみると、振るのを止めても元に戻りません。
これを「乳化」と呼び、水の中に油が散っている状態です。
「乳化性クリーム」は、この状態でビンに入っています。

このクリームは「」が入っているのが大きな特徴です。
靴の手入れに必要な水をはじくロウ」・「革を保護する油」・「ひび割れを防ぐ水が入った、
理想的なクリームです。



油性クリーム
「ロウ」に油を溶かしたもの。(KIWI<キウイ>クリームが代表的)
簡単に言うと、「ロウ」の塊です。

こればかり使用すると革に栄養と水分が補充されず、
通気性も悪くなり靴はひび割れをおこします。



では、ビンと缶 どちらが良いのか?
栄養を与えるという意味で、欠かす事の出来ない「乳化性クリーム」をベースにするのが得策です。
強い防水力・ツヤが欲しい時、雨の降りそうな日などに「油性クリーム」を併用するのが理想です。

「クリーム=油性」と思われがちですが、ビンと缶では用途が全く異なります。
是非、状況に合わせて使い分けをして下さい。



オーダー関連 その他の記事
お客様拘りのスーツ
お客様拘りのジャケット
お客様拘りのパンツ



粋 Twitter(フォーローお願いします!!)
名古屋オーダースーツ 小川豊ブログ
小川豊 Twitter(フォローお願いします!!)
粋オンラインショップ


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ファッションブログ セレクトショップへ
にほんブログ村
2011/05/22 Sun. 18:45 | trackback: -- | comment: -- | edit