03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

粋 / Bespoke Tailor 

粋のスーツは、 四角四面の堅苦しいテーラーのスーツとは違います。僕たちはスタイルを売っています。選び抜いてお作り頂いたアイテムたちに、 さらなる魅力を与えるスタイリングをご提案致します。

オーダーに求められるもの 

ビスポークスーツ
今日は、ほぼ一日中、補正との格闘でした。

オーダーに求められるものとは何かを改めて考えることが出来た日でした。

既製品がこれだけ世の中にあるのに、わざわざオーダーで作る理由は何だろう?

選べる生地のバリエーションが圧倒的に多いのも魅力ですが、

粋でオーダーして下さるお客様は着心地、サイズ感、フィット感を大切にされています。

そこで僕がやるべきこと、目指すべきことは完璧な補正です。

今までも拘ってきましたが、まだまだオーダーは奥が深い。

もっともっと知識を深め、より一層、質の向上に繋げていきたいと思います。

テーラーとしての本質を大切にして、もっともっと強い拘りを持って仕事をしたいと改めて感じました。




Store Hours : 11:00~19:00
予約は必須ではありませんが、ご予約のお客様優先とさせて頂きます。

iki web site

Bespoke 関連記事
Bespoke Suit
Bespoke jacket
Bespoke Trousers
Bespoke Shirt


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ファッションブログ オーダーメードへ
2017/04/19 Wed. 20:07 | trackback: -- | comment: -- | edit

Pattern making / Raglan sleeve coat 

ビスポークスーツ
ここ最近、メンズでもラグランスリーブのコートが復活しています。

ややカジュアルな雰囲気を醸せるので、バルカラーとの相性が良いかもしれません。

少しルーズフィットな方向へ向かう今のファッションの流れと合致していますね。

秋の製品化に向けて研究中です。




Store Hours : 11:00~19:00
予約は必須ではありませんが、ご予約のお客様優先とさせて頂きます。

iki web site

Bespoke 関連記事
Bespoke Suit
Bespoke jacket
Bespoke Trousers
Bespoke Shirt


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ファッションブログ オーダーメードへ
2017/04/10 Mon. 20:19 | trackback: -- | comment: -- | edit

 

ビスポークスーツ
志とは根っこ。

志のない仕事に花が咲くことはありません。

では、自分のプロとしての根っこは何だろう?

今日は、そんな話にお付き合い頂けたら幸いです。

接客から縫製までの全工程を賄うテーラーは年々減少しています。

老舗テーラーでも、縫製は外注が増えているのがオーダー界の現状です。

粋でも、縫製は国内の提携ファクトリーや熟練の職人に依頼しています。

では、僕の役割は何かと言いうと、フィッターです。

フィッターとは、お客様の好みや体型を的確に把握し、縫製指示を行う人のことです。

フィッターに求められるスキルは、ファッションセンス、型紙の理解、体型の癖を見抜く目、補正の知識と技術です。

プロのフィッターがプロである為の根っこは、職業として服作りの世界に向き合い、

オーダー道に生きるという覚悟です。

しっかりと根を張り、お客様の笑顔・満足という花を咲かせ続けていきたいと思います。




Store Hours : 11:00~19:00
予約は必須ではありませんが、ご予約のお客様優先とさせて頂きます。

iki web site

Bespoke 関連記事
Bespoke Suit
Bespoke jacket
Bespoke Trousers
Bespoke Shirt


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ファッションブログ オーダーメードへ
2017/03/26 Sun. 18:31 | trackback: -- | comment: -- | edit

Bespoke Suit / 粋のスーツについて 

ビスポークスーツ
以前、粋のハウススタイルについてご説明させて頂きました。

今日は改めて、僕たちのスーツのスタイルについてお話させて頂きます。

※ハウススタイルのご説明はこちらをクリックしてご覧ください。







ビスポークスーツ

ビスポークスーツ
日本のスーツ作りは、イギリスを模範としているのでカッチリとした固い仕立てが殆どです。

これはこれで良いと思いますが、僕たちはイタリアのソフトな雰囲気の服作りを目指しています。

粋のスーツは、ナポリスタイルをベースにクラシックながら現代的なエッセンスをプラスし、

柔らかな雰囲気と着心地を大切にしています。

イタリアのスーツを彷彿とさせる匂いと色気のあるスーツ作りを心掛けています。




Store Hours : 11:00~19:00
予約は必須ではありませんが、ご予約のお客様優先とさせて頂きます。

iki web site

Bespoke 関連記事
Bespoke Suit
Bespoke jacket
Bespoke Trousers
Bespoke Shirt


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ファッションブログ オーダーメードへ
2017/03/25 Sat. 19:03 | trackback: -- | comment: -- | edit

Bespokeの本質 

ビスポークスーツ
昨日は仮縫いのお話を少しさせて頂きました。

なので、今日はその流れで、オーダーとの付き合い方についてお話させて頂こうと思います。

オーダーは、体に合うとか自分好みの1着が手に入るとか、とかくメリットばかりが強調されます。

別に間違ってはいませんが、説明が圧倒的に不足していると思います。


オーダーと言うと、最初から100%思い通りのモノを想像しがちですが、僕はその考えには待ったです。

例えば、お客様の体型や姿勢。

人は鏡の前に立つと無意識に背筋をピンと伸ばします。

本来、猫背気味の人でもそういう傾向にあります。

それって、その人の自然な姿勢ではないですよね。

勿論、会話の最中にもお客様の姿勢を観察しています。

でも、初めてお会いして短時間でその人の自然な姿勢を100%把握するのは、熟練のテーラーでも、ほぼ不可能です。

その日の体調によって姿勢が変わるとか、運動の仕方や生活習慣によって肉の付き方が変わるとか、

人の体は、些細なことで色々な変化が生まれます。

こういった細かなことを観察、修正するのが、とても重要です。


勿論、最初の1着で満足して頂けるモノを仕上げるのはプロとして当然です。

ですが、いきなり100点満点とはいきません。

例えば、最初の1着の及第点が80点とするならば、残りの20点は2着目以降と考える必要があります。

そして、回を重ねるごとに、20点が30点、40点、50点となり、100点以上の最高の1着に辿り着きます。

理想の1着は、こうした過程を経てこそ、手に入るのだと思います。




Store Hours : 11:00~19:00
予約は必須ではありませんが、ご予約のお客様優先とさせて頂きます。

iki web site

Bespoke 関連記事
Bespoke Suit
Bespoke jacket
Bespoke Trousers
Bespoke Shirt


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ファッションブログ オーダーメードへ
2017/03/24 Fri. 19:17 | trackback: -- | comment: -- | edit